Works

JALグループの運航をITで支える一員として
新人研修を受けた後、機長や副操縦士など、運航乗務員が運航前に行うブリーフィングで使用されているシステムを開発するプロジェクトに参画しています。そのなかで、システムの新たな画面の設計に取り組んでいます。現在、外部設計書の作成が終わり、コーディングを行っている段階です。毎日、新たな知識を学びつつ、完成に向けてベストを尽くしています。
この業務は、ブリーフィングシステムのユーザーにとって、より便利で利用しやすい機能を追加するものです。新入社員として業務知識やITの知識に限りはあるものの、日々、先輩方から学ぶとともに、自ら進んで知識を増やしながらシステムの構築を目指しています。
業務を通じて実感するのは、私の携わる運航系システムをはじめとして、当社が開発、運用するシステムが広く役立っているという点とともに、影響度の大きさです。JALグループの運航を支えているという責任感と自身の業務に誇りを持って、業務に臨んでいます。

Vision

世界への視野を大切に、
技術を磨いていく
まずは、IT技術者として、担当した業務でしっかり責任を果たせる実力を蓄えることが目標です。さらに、技術力を磨くことに加えて、世界各国の人々と関われる対話力を身につけることで、先進の技術を世界から学び、JALグループのITを支えていく一員になることを目指していきたいです。

Daily Schedule

9:00

プロジェクトミーティング
実装作業を共に行うチームのメンバーと進捗状況を共有して、1日の業務の見通しを立てます。

10:00

実装
コーディングの仕事は、新入社員の私にとって技術的課題にぶつかることが多いので、先輩方に聞いたり、自分自身で調べたりしながら進めています。

16:30

進捗報告など
先輩方に今日の実装業務がどのように進められたか、今後の進捗に問題ないかなど、さまざまな課題について率直に相談し、状況を共有します。

Project Story

先輩の励ましを糧に成長を目指していく

IT未経験で入社し、ゼロから学ぶ立場として、何もかもが新鮮です。特にソフトウェアのコーディングを進めていくなかで、機能が徐々に実現していく過程が私にとって大きな喜び、達成感となっています。開発を進めていくなかで悩むことが多いものの、先輩方が的確に教えてくださるおかげで、少しずつわかること、できることが増えているのがうれしいです。
今後、ソフトウェアが完成し、ユーザーである運航乗務員の方々が現場でこのシステムを活用するイメージを想像すると、レイアウトやコードの隅々まで完成度を高めたいと考えます。
また、先輩から「厳しいスケジュールのなかで、日々自分なりの目標を立てて真剣に取り組む姿勢からはこちらが刺激を受けます」など、励ましの言葉をいただきました。これからも前向きな姿勢を大切に、成長していきたいと思います。

My Belief

「地味な努力を積み重ねる」。努力を積み重ねていくことで自身を強くするとともに、業務に対する姿勢をより良いものにできると考えます。日々をただ漫然と過ごすのではなく、一つ一つの業務に力を尽くすことを意識して、着実に成長していきたいです。

Baton Touch

Baton Touch

当社では働き方改革の一環として、テレワーク制度を活用している社員が大勢います。通勤に時間を取られない分、時間を有効に活用できるほか、自分の都合に合わせて仕事を進められるなど、多くの利点があります。今後、私も活用を考えていきたいです。

View More