キャリア紹介- 内田 義之

Carrier

自分たちにしか
できない仕事を
ひたすら追求する。

JAL IT運営企画部(出向)
グループ長
内田 義之
1992年入社
外国語学部

Profile

JALの業務を支える中核システムの開発を担当。
その中では、システム統合などの
大きなプロジェクトを成功させてきた。

1年目

尊敬できる上司や先輩のもとで
充実したITエンジニア修業の日々

子どもの頃、工作が好きだったことから、何かものづくりに関わる仕事がしたいと考えていました。大学では外国語学部に所属していたものの、科目の中にプログラミングがあり、「これは面白い!」と感じたところから、IT業界を目指しました。そして、当社に入社したのは、「航空会社のシステム開発」という明確な目標があったからです。
配属後、汎用機と呼ばれる大型コンピュータを用いた、予約システムの開発を主に手がけてきました。当初は予約端末の接続作業を手始めに、コンピュータやプログラミングのイロハを学び、先輩のもとでITエンジニアしての経験を積んでいったのです。最初はわからないことばかりでしたが、素晴らしい上司や先輩に恵まれたことで、難しい仕事にも気持ちよく取り組み、キャリアを着実に積み重ねていくことができたと思います。

若手のやる気を受けとめてくれた
上司のひと言

当社は当時から教育研修制度が充実しており、仕事で忙しい毎日ながら勉強の時間を大切にしました。特にオフィスのキャビネットいっぱいに並んでいたコンピュータ会社のマニュアルを片っ端から読破したのを記憶しています。また、優秀な先輩方が作成した膨大なドキュメントも仕事を進める上でとても参考になりました。
私の先輩方は豪快で魅力的な人が多く、国内でも有数のシステムを作り上げる上で、数々の武勇伝を持っていました。ある先輩からは「仕事は何事も自信を全面に出して取り組め!たとえ自信のないことでも、『やってみます』というぐらいの強気が必要だ。しかし、トライするからには、裏付けとなる正確な知識はしっかり持つように」と教えられたことが強く印象に残っています。

8年目

業界で前例のない難しいプロジェクトに挑む

JALと日本エアシステムの経営統合に伴う、システム統合という大仕事に挑みました。システム全体のアーキテクチャー(設計方針)から、プロジェクトマネージャとして統合プロジェクトの管理を一貫して担当したのです。当社はもちろん、航空業界およびIT業界にとっても前例のない難しい案件で、課題の解決に行き詰まる局面に何度も遭遇しました。しかし、社内のメンバーに加えて、JALの方々と文字通り一心同体となって荒波を乗り越え、プロジェクトを成功させることができました。

システムの安定稼働を守る
最後の砦としての使命

巨大な旅客サービスシステムを開発し、守り続けていくことは、ITに携わる者として大きなやりがいではあるものの、けっして容易な仕事ではありません。万全を期して仕事を進めたつもりでも、過去にシステム障害が生じてお客さまにご迷惑をおかけしたことがあります。
こうした苦い経験を踏まえて、どんな事態においても障害を起こさないように、安定運営に向けた取り組みを毎日着実に行うように心がけています。それとともに、万一障害が発生した場合には、全員の力を結集して早期復旧に当たっています。システムの安定稼働を守る、いわば最後の砦として、当社ではメンバーのだれもが強い使命感のもとで業務に取り組んでいます。

27年目

若い人たちが仕事に
気持ちよく取り組める環境づくりが第一

現在、JALで利用しているデータセンター設備をはじめ、そこに配置されるサーバやストレージ、業務システムで共通で利用される監視システムやバックアップシステム、国内外の空港や支店へのネットワーク網を管理する組織を運営しています。若い頃、上司や先輩のもとで充実した時間を過ごしたことを踏まえ、チームのメンバーが仕事に気持ちよく取り組める環境づくりを心がけています。
これまで、JALのシステムの開発から運用、刷新などに深く関わってきました。そこには自分たちの仕事が安全で快適な空の旅を支えてきたという自負があります。それとともに、JALのさまざまな現場の方々と一緒になって、より良いサービスの提供に向けて奮闘してきたことに、達成感と感謝の気持ちでいっぱいです。

Message

当社では、航空業界の未来を見据えて、
ITの仕事に携わることができます。
それとともに、航空業界以外での開発業務もあり、
航空系の高度なITで培った知識や経験を
広く社会で活用できるチャンスがあります。
こうした特徴、強みは当社ならではだと思います。
これから先、若い人たちが当社の可能性を
大きく伸ばすことを期待しています。