キャリア紹介- 長谷部 拓

Carrier

航空機
安全運航に不可欠な
航空無線システムの
プロフェッショナル

サービス事業部 羽田支店
技術サポートグループ
長谷部 拓
2007年入社
工学研究科

Profile

CSE(カスタマーサービスエンジニア)として、空港におけるシステム保守を経験。
現在は、航空無線システムの統括を務めている。

1年目

飛行機の運航を身近に感じながら
空港で活躍するCSEの仕事に魅力を感じた

幼少の頃から飛行機が大好きだったので、学生時代の専攻とは関係なく、航空業界を第一志望として就職活動をしていました。そのなかで、運航・整備・貨物・旅客・空港などJALグループのあらゆる業務をITで支えるJALインフォテックに興味を持ち、入社を決めました。ITエンジニアとCSEの募集がありましたが、私は迷わずCSEに応募しました。飛行機が好きなので、飛行機が飛び交う様子を目にし、エンジン音を感じながら仕事がしたいと思ったからです。オフィスではなく、「空港」で仕事がしたい。そういう強い想いがありました。
入社後は、羽田支店の技術サービスグループに配属となりました。チェックインシステム、航空無線システム、JALグループの従業員が使うPC、監視カメラ、それらをつなぐネットワークなど、あらゆるシステムの保守・点検作業を担当し、念願だった空港での業務に従事することができました。

お客さまやJALグループの社員から常に見られている
というプレッシャーが自分を成長させた

CSEの業務のなかには、システムの障害対応も含まれます。羽田支店では24時間365日CSEがスタンバイし、システム障害が発生すればすぐに現場に駆け付け、対応します。なかでも大変だったのは、チェックインシステムの障害対応など、お客さまの目の前で作業を行わなければならない時です。現在では2次元バーコードをかざして搭乗できますが、私が入社した当時は、お客さまが搭乗券を読み取り機に入れ、読み取り機の内部を通った搭乗券を再びお客さまが手に取る仕組みでした。そのため、読み取り機の内部の搬送ベルトがはずれる、センサーが汚れて使用できないという物理的なトラブルが発生することがありました。
搭乗ゲートの機器が故障すると、出発遅延につながります。お客さまやJALグループの社員の目があるなかで作業することは、非常にプレッシャーを感じました。一方で、そのような環境下で作業を行うことにより、冷静に原因を見極め、的確に作業を進める度胸がつき、さまざまな経験を得ることができました。

8年目

航空機の安全運航を支える
航空無線システムに興味を持ち異動を希望

入社3年目に、航空無線通信士(国家資格)を取得しました。さまざまな仕事の中で、航空無線が最も飛行機に近いシステムであることに気づき、この分野を自分の専門にしたいと考えたからです。資格取得した当時は、システムの保守業務を担っていましたが、航空無線システムを担当する部署への異動を希望していたため、資格取得はよいアピールになりました。
その後、社内資格の取得や業務知識の習得に励み、入社8年目に希望が叶い、羽田支店技術サポートグループに異動となりました。全国に展開する航空無線システムについて、構築、免許管理、登録点検、障害対応支援などの統括業務を行う部署です。
管制塔と飛行機の間の無線通信だけでなく、各航空会社でも運航乗務員と地上職員との間でも無線通信を行っています。例えば、飛行機の離陸前に重心を計算して運航乗務員に伝えたり、離陸後時々刻々と変わる気象条件について交信したりするなど、飛行機の安全運航を支えています。

全国の基幹空港における
航空無線設備更新プロジェクトのリーダーを務める

入社9年目には、全国の基幹空港において、航空無線設備の新設・構成変更を行うことになり、そのプロジェクトリーダーを任されました。航空無線の世界でも、日々技術が進化しており、より遠くまで届く、電波干渉に強い、データ容量が大きいといった新しいシステムが登場しています。こうした新しい技術を盛り込んだ設備に変えていく必要がありました。
このプロジェクトの対象となった航空無線設備は、JALグループだけでなく他の航空会社も利用しており、更新作業でのトラブルは他の航空会社の運航にまで影響を及ぼしてしまうもので、責任は重大でした。
電波伝搬やアンテナ特性、専用の測定器による電気的特性の測定、電波法等の関連法令など無線に関する幅広い知識、ネットワークに関する知識など、IC(インフラコーディネーター)に近い技術要素が必要でした。また、関係各所と調整するコミュニケーション能力も求められましたが、新入社員の頃から培った知識・経験を大いに活かし、無事、プロジェクトを完遂することができました。

14年目

無線局の法定点検を行える検査員の育成に注力

航空無線システムはアナログな部分も多く、古い技術と思われがちですが、上空と地上で通信できる唯一の手段であり、航空機の運航に必要不可欠な技術です。近年では、テキストによる航空管制通信や、運航中の機体の状態把握、リアルタイムでのエンジンデータの収集などにも用途が広がってきています。
私がいま最も力を入れているのは後進の育成です。当社は登録点検事業者して認定されており、無線局の法定点検(登録点検)を国の検査官に代わって行うことができます。JALグループを含め、年間100局以上の検査・運用を支える重要な仕事です。検査員となるためには、無線従事者の国家資格を取得後、社内教育を受講、社内の認定試験に合格しなければならず、誰にでもなれるものではありません。この分野に興味を持つメンバーを積極的にサポートし、ともに航空無線システムの世界を支える人財を育成することが、今の私のミッションの一つと考えています。

Message

当社の社員同士の関係はとても風通しが良く、
お互いを呼ぶ時も「~さん」と呼ぶなど、
上司・部下の関係というよりは、
共に仕事を遂行していく仲間という意識が強いです。
また教育や研修制度も充実しています。
畑違いの化学系専攻だった私も
十分な教育期間と勉強の機会が与えられ、
専門性を磨くことができました。
意欲次第でいくらでも
スキルアップできるチャンスに恵まれた会社です。