次世代認定マーク
(愛称:くるみん)取得

JALインフォテックでは、2005年4月の「次世代育成支援対策推進法」の施行に伴い、次世代育成支援の観点から策定した行動計画に則り、社員が職業生活と家庭生活を両立しながら働きやすい職場環境づくりに努めてきました。

その結果、行動計画に掲げた目標の達成および企業としての取り組み姿勢が評価され、2012年に初めて次世代育成支援対策推進法に基づく認定(通称:くるみん認定)を受けて以降、2017年、2020年と計3回の認定を受けております。

現在は、2021年4月1日~2024年3月31日の行動計画のもと、引き続き、ワーク・ライフ・バランスの考え方を取り入れ、次世代育成支援に取り組んでいます。

くるみんマーク

くるみんマークとは ―厚生労働省 HPより―
次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。


JALインフォテックの行動計画(2021年4月1日~2024年3月31日)


目標1:

職業生活と家庭生活の両立支援制度(育児休業や介護休業、短時間勤務制度など)について、男性社員の利用促進を継続し、男性社員の育児休業取得率を35% 以上とする

<対策>

男性社員の育児休業取得事例の紹介、パパ&ママ向け社内コミュニティ活動の発足

組織管理職に対する意識づけのためのセミナーの開催

介護を抱える社員への情報提供、利用制度拡充の検討

目標2:

より柔軟な働き方の実現に向け、社員の年次有給休暇取得促進に向けた社内施策を3施策 企画・実行する

<対策>

全社員の年次有給休暇取得状況の定期トラッキングの継続

部門ごとの年次有給休暇取得状況の経営層/組織管理職への報告の強化

年次有給休暇取得を阻む要因の分析、取得推進に向けた施策の実施

目標3:

ワーク・ライフ・バランス促進施策を検討・実施する

<対策>

家族の理解を深めるため、社員ご家族と社員が一緒に働く仲間とが交流できる職場見学会の継続実施

新入社員や若手社員へのワーク・ライフ・バランスに関する研修の開催

JALインフォテックは、社員一人一人が生き生きと働き続けられる会社となることを目指して、職業生活と家庭生活の両立を支援する取り組みを行ってまいります。