本文へ移動する

メニューへ移動する

サブメニューへ移動する

ショートカットメニューへ移動する

サイト内検索

PALLET CONTROL -導入実績-

厚木市教育委員会

「学校の先生は教育が本業。ネットワーク管理で煩わせてはならない」
この理念で学校ネットワークのセキュリティーバッチ更新の仕組みを構築。

教育総務部 高橋 久雄 様 川岸 貴明 様

教育総務部
高橋 久雄 様、川岸 貴明 様

管理対象台数

約800台

この事例のポイント

  1. 厚木市教育委員会では「学校の先生は授業が本業。それ以外のことで煩わさせてはならない」という理念を持って学校の情報化を進めている。
  2. セキュリティパッチの定期配布はかねてからの懸案だった。
  3. 費用対効果の高い方法として、PALLET CONTROLによる自動配布が選択された。
  4. 試し導入の段階で、現状復帰ソフトウエアとのバッティングが判明し、プロジェクトは一時、暗礁に乗り上げた。
  5. だが、PALLET CONTROLのスクリプトにより、この問題を回避することができた。
  6. 現在は、「先生がノータッチでもパッチが更新できる体制」が確立しつつある。
  7. メモリ常駐が不必要な仕様も高く評価されている。

理念が伴った情報化を進める厚木市教育委員会

厚木市教育委員会

-- 厚木市教育委員会(以下 厚木市 または 教育委員会)では、情報化を積極的に進めていると聞き及びました。

厚木市教育委員会では、学校のパソコン教室のインフラ充実を積極的に進めています。その場合、ただ、むやみに設備を揃えるというのではなく、きちんとした理念を持って拡充したいと考えています。

-- どのような理念なのでしょうか?

我々の指針は、「学校の先生は授業が本業。それ以外のことで煩わさせてはならない」という事です。言うまでもなく先生の本業は教育です。真剣に取り組むべきは、わかる授業の進め方や児童生徒の指導であり、パソコン教室のセキュリティ維持やソフトウエアのバージョンアップではありません。

-- なるほど

その理念を実現するために、まず、市内の36校を光ファイバーを使って一つのネットワークにまとめあげました。そしてインターネット、すなわち外界とは、中央データセンターのゲートウエイを通じてのみデータ通信できるようにしました。

-- そのような体制をとると、なぜ先生方の負担が軽減されるのですか?

学校のインターネットの場合、用途が教育ですから、PC教室のPCに有害コンテンツやコンピュータウイルスが入り込まないよう防護対策を施すことが重要です。

さて、ここで考えていただきたいのですが、もし各学校のインターネット接続体制が、現在のように中央ゲートを一括経由するというのではなく、各学校ごとに直接接続するという体制だったらどうなるでしょうか。

この場合、各種セキュリティ対策は、各学校でやらなければなりません。つまり先生方はコンテンツフィルタリング・ソフトやウイルス対策ソフトのパターン更新状況を常に気にしていなければなりません。現在、厚木市には小中学校合わせて36校がありますから、そのようなセキュリティの手間が36校分生じることになります。これは人的パワーの無駄といえます。ですから厚木市では、中央ゲートを経由させる方式にしているのです。

こうすればメール・ウイルス対策やフィルタリング対策は、基本的には、この中央でのみ行っていれば良いことになります。これは当初述べた理念に合致していると思います。学校の先生はネットワークやセキュリティの専門家ではありません。ですから何事も、自動化、単純化、一括管理が重要です。

ページの先頭に戻る

PALLET CONTROLによる学校ネットワークへのセキュリティパッチの配布

運動会風景

-- 現在、PALLET CONTROLはどのような用途でお使いいただいているのでしょうか?

主に、市内36学校のPC教室のセキュリティ・パッチの更新に使っています。

-- 厚木市がセキュリティパッチの重要性を考慮するようになったのはどういう経緯からですか?

セキュリティパッチの重要性については以前から気にはしていました。やはり教育用途のPCにセキュリティ脆弱性があるのは望ましくないことです。例えば、校内ネットワークには、成績その他のセンシティブなデータも存在しており、これが外に持って行かれでもしたら大変です。

-- なるほど

とはいうものの、学校PCにセキュリティパッチを展開するにあたり一つ大きな壁がありました。

-- と言いますと?

各学校にはセキュリティ上の理由から、アドミニストレータ権限を与えることをしていませんでした。しかしながらアドミニストレータ権限がない状態では、セキュリティパッチのインストールはできません。どうしたものかと悩みました。

-- 確かに悩みどころですね・・・

各学校を巡回して配布すれば良いではないかという意見もあるかもしれませんが、36学校全てに毎月巡回して、合計千数百台のPCにセキュリティパッチをインストールするのはどう考えても現実的ではありません。

外部業者に委託するというのも、毎月発生する膨大な費用の支払いを考えれば避けたいところです。そもそもパッチを巡回配布させるとすれば土日にやるより他ありませんが、学校に土日に入室しようと思えば校長先生・教頭先生の許可が必要になるという管理上の問題もあります。

-- なるほど

ページの先頭に戻る

PALLET CONTROLと現状復帰ソフトウエアとの間で重大な矛盾が発生。
解決方法は・・・

桜と菜の花に囲まれた校舎

そういう諸条件を考慮して、最終的に行き着いた結論が、ネットワーク管理ツールの採用、即ちPALLET CONTROLの導入でした。PALLET CONTROLの場合、ユーザー権限でログオンした場合でも、一時的にアドミニストレータ権限を代行する機能があったということが、採用の決め手となりました。この機能により、先に述べた問題点は解消できると見込んだのです。

-- どのような運用形態にしたのでしょうか?

学校の先生が、PC教室のPC電源を入れれば、そこでセキュリティパッチの配布が始まる・・・そんなシンプル運用を目指していました。しかしながら、試し運用を開始した時点で、またまた別の問題が発生してしまいました。

-- どのような問題ですか?

現状復帰ソフトウエアとの矛盾が生じたのです。

-- 現状復帰ソフトウエアとはどういう物なのでしょうか?

簡単に言えば、PCを起動した際に、ハードディスクの内容を、全て初期値のまっさらな状態に戻してしまう、つまり初期状態に復帰させるというツールです。学校PCの場合、ユーザー作成のデータを内部保存する必要はありません。むしろ保存されない方が望ましいと言えます。ですから電源を入れる度に、まっさらな状態に戻してしまうのです。ということは・・・

-- あ、なるほど。もしセキュリティパッチをインストールしたとしても、現状復帰ソフトウエアの働きにより、元に戻ってしまうわけですね。

そういうことです。この問題については、JALインフォテックに依頼して、スクリプトで解決していただきました。

-- どのような手順のスクリプトだったのでしょうか?

単純化して言うと、現状復帰ソフトウェアをいったん外してから、セキュリティパッチを当てて、それからまた現状復帰ソフトウェアをONにするという手順を、PALLET CONTROLのスクリプトを使って実現しました。具体的には以下のような手順です。

  1. まずWake On LANを使って電源を入れる
  2. 次に、現状復帰ソフトウェアをオフにする
  3. 再起動
  4. セキュリティパッチを当てる
  5. 再起動
  6. 次回電源ON時に現状復帰ソフトウェアがONになるよう設定する
  7. シャットダウン

ちなみに手順2の現状復帰ソフトウェアをオフにする部分については、現状復帰ソフトウェア自 体に中央から一括してオフにできる機能が始めから付属していました。

-- 現在はその手順で上手くいますか?

パッチを配布した後は、PALLET CONTROLのレポート機能で、配布状況を確認するようにしていますが、配布はおおむね成功しています。たまの失敗も、その理由は、NICの故障といったことが原因です。ですからPALLET CONTROL本来の機能ベースで言えば、100%の成功率だといえます。

ページの先頭に戻る

先生にオペレーション負担をかけない体制を実現できたことへの評価

厚木市 風景

-- PALLET CONTROLの厚木市にとっての利点はどこでしょうか?

これなしには36校へのセキュリティパッチの迅速な配布は現実的に不可能です。ですからこれは「なくてはならないツール」といえます。

その他の点では、ユーザー、すなわち先生方にまったくオペレーション負担をかけない体制を実現できたことは、冒頭で述べた「先生には教育に専念してもらう」という理念に照らしても、望ましいことです。また、PALLET CONTROLの場合、エージェントがメモリ常駐しない点も大変良いですね。 とにかく学校PCは単純・シンプルが第一です。変に常駐されて、色々なソフトウエアと相性問題を起こして欲しくありません。

-- 最後に、JALインフォテックに一言ございますか?

厚木市教育委員会としては、今後も「先生は教育に専念。PC保守で煩わさせてはならない」という理念の元に、様々な情報化拡充を進めてまいります。今後も優れた技術とサービスを継続提供していただけるようお願いいたします。

-- 今日は貴重なお話を有難うございました。

ページの先頭に戻る

厚木市教育委員会(厚木市教育情報ネットワーク)のWebサイト

※取材日時:2004年10月
※この使用感が全てのお客様で実感できることを保証するものではありません。


ページの先頭に戻る


株式会社JALインフォテック
  • サイトポリシー
  • 個人情報保護方針
  • リンク
  • お問い合わせ
このサイトに記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
copyright © 2018 JAL Information Technology Co.,Ltd. All rights reserved.