本文へ移動する

メニューへ移動する

サブメニューへ移動する

ショートカットメニューへ移動する

サイト内検索

PalletControl 8 -機能一覧-

■全般

ログイン認証 ログイン認証として、ユーザーIDとパスワード、接続先サーバーを指定することで、管理者機能の使用を制限します。
ユーザーID設定 管理画面よりログイン可能なユーザーIDとパスワード、ユーザーIDを使用する人の名前を登録します。
PalletControl インストーラー作成 エンドユーザー端末へPalletControl Clientを管理者権限を代行してインストールする インストーラーを作成します。
アンインストールパスワード設定 エンドユーザー端末よりPalletControl Clientをアンインストールする際のパスワードを設定し、エンドユーザーによる不正なアンインストールを防止します。
操作ログ閲覧 管理ツールの操作ログを一覧で閲覧することができます。
通信間隔の設定 エンドユーザー端末からPalletControl Server(Web) への通信間隔を設定します。
通信間隔はPalletControl Server(Web) ごとに設定することができます。
スクリプトのデジタル署名 Windows PowerShell スクリプトの実行ポリシーを、デジタル署名がされていないスクリプトの実行を禁止する設定(AllSigned)にした環境でPalletControl を利用するための機能です。
Windows PowerShell スクリプトにデジタル署名をすることにより、スクリプトが改ざんされていないことの確認を行うことができます。
デジタル署名確認の設定
資産情報を取得する際に使用されるスクリプトファイル(資産情報取得用スクリプト)や配布管理で使用されるスクリプトファイル(配布用スクリプト)にデジタル署名がされているかどうかを自動で確認することができます。
スクリプト署名ツール
Windows PowerShell スクリプトに対して指定した証明書で署名を行うことができます。
スクリプト証明書作成ツール
自己証明書の発行と、作成した証明書のインポート・Windows PowerShell 実行ポリシーの変更を行うための配布項目を作成することができます。

■資産管理

端末情報管理

エンドユーザー端末から取得した資産情報を一覧で表示します。(以下一例)

ハードウェア情報
BIOS情報 / 端末機種情報 / CPU / メモリ / 電源設定 / Internet Explorer情報  
ネットワークカード情報(IPアドレス・サブネットマスク・DNS等)  
プリンター情報(プリンター名・ポート名・ドライバー名等) など
Microsoft セキュリティ更新プログラム情報
適用済・未適用・適用対象外・適用不可のいずれの状態かを取得し、各合計の台数を表示
PCセキュリティ情報
ウイルス対策製品情報(製品名・パターンファイル・エンジン・パターンファイル日付)  ポリシー設定情報(スクリーンセーバー・アカウントポリシー・WSUSサーバー等)
OU情報
OUに登録された所属名・姓名・電子メール・事業所・部署等
ユーザー情報
アンケートから取得した利用者名・社員番号・設置場所・電話番号・内線番号・メールアドレス・所属グループ
PalletControl情報
インストールされているPalletControlの情報(PalletControlバージョン・接続先のPalletControl Server情報、AD連携状況)など
PalletControl 7.1から、エンドユーザー端末からの情報に加えて、ネットワーク機器やプリンターなどPalletControl Clientインストール対象以外の機器についても、手入力により台帳管理が可能になりました。
ソフトウェア管理台帳 エンドユーザー端末にインストールされているソフトウェア情報を一覧表示する台帳です。
【インストールされているソフトウェアの名前・インストール数・ソフトウェア種別・バージョン・エディション・ベンダー名・Webページなど】ソフトウェアを選択し、端末毎にインストール状況・発行元・インストール日・サイズ・バージョンなどを確認することができます。
ソフトウェア辞書情報(ソフトウェア名・ソフトウェア種別・バージョン・エディション・ベンダー名・Webページ)を表示することができます。
ソフトウェア詳細管理台帳 ライセンス管理をするためのソフトウェア情報を一覧表示する台帳です。
【ソフトウェアグループ名・(Microsoft Office)プロダクトID・(管理グループ割り当て用)管理グループ名(インストール端末割り当て用)管理名・ライセンス情報など】 ソフトウェア管理台帳の機能に加えて、ライセンス管理体系にあわせてソフトウェアをグループ化したり、ソフトウェアに管理グループやインストール端末を割り当てたりすることができます。
ライセンス登録 ソフトウェアに関する以下のライセンス情報の登録を行います。
【ライセンス名・言語・ライセンス種別・ライセンス単位・ライセンス数の管理有無・対象ソフトウェア・契約情報・部材情報など】 ライセンス管理対象のソフトウェア情報や契約情報、部材情報を関連づけてライセンス情報を登録することができます。
ライセンス管理台帳

ソフトウェアに関する以下のライセンス情報を登録し、管理する台帳です。
【ソフトウェア名・ベンダー名・エディション・ライセンス種別・ライセンス単位・保有ライセンス数・ライセンス終了年月日・購入日・購入元等】
登録された保有ライセンス数と使用済みライセンス数を比較し、ライセンス残数を確認することができます。

PalletControol 7.1から以下の機能をご利用いただけるようになりました。
  • ライセンスの追加契約など、一つのライセンスに対して複数の契約を紐づけて管理できます。
  • ソフトウェアのグループ管理機能を搭載、スイーツ製品などのライセンス管理が可能になりました。
  • ソフトウェアの端末割り当て機能を搭載、同一のソフトウェアを管理部署別に管理するなどが可能です。
ライセンス部材管理台帳 ソフトウェアに関する以下のライセンス部材を登録・管理する台帳です。
【ソフトウェア名・部材種別・ライセンスキー・ライセンス証書番号・メディア種別・枚数・管理部門・保管場所・管理番号・備考】
ソフトウェア辞書連携 一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)が提供するソフトウェア情報を収集した辞書(ソフトウェア辞書)との連携機能を搭載。収集したソフトウェアを効率的に分類し、管理すべき対象を明確にすることが可能です。
オリジナル台帳 管理者が自由に作成することができる台帳です。
管理する項目は、既存の台帳から選択したり、取得している資産情報から追加することができます。また、独自の管理項目を追加したり、値を入力することもできます。
端末個別情報の表示 エンドユーザー端末の資産情報を個別で表示します。
また、マスターデータと比較することで差分を表示することができます。
新規端末登録 PalletControl Clientがインストールされていない機器(プリンター・ネットワーク機器など)を手動で登録して、台帳で管理することができます。
重複チェック 端末名や利用者名などの項目値が重複する端末を絞り込むことができます。
端末キーワード検索 検索キーワードを入力、または、取得している資産情報をキーワードとして、該当する端末を検索することができます。
円グラフ表示 資産情報の取得結果の構成比率を円グラフで表示します。
インポート・エクスポート
インポート
管理画面に表示中の台帳に情報をインポートします。
エクスポート
選択した台帳の情報をExcel形式のファイル(拡張子.xlsx)にエクスポートします。
台帳表示変更

管理画面から台帳を閲覧・管理する際に表示を変更することができます。

昇順/降順整列
対象の項目を昇順・降順で表示します。
値の絞り込み
対象の項目に対して絞り込み条件を設定し、該当する端末のみ表示します。
列の固定
対象の項目を左の列に移動し、固定して表示します。
列の表示・非表示
対象の項目の表示・非表示を切り替えます。
列の移動
対象項目の表示順を変更します。
端末指定操作

台帳から端末を指定し、以下の操作を指定することができます。

端末情報確認
端末個別の台帳情報を参照します。
編集/削除
台帳情報の編集、所属グループの変更、エンドユーザー端末の接続先PalletControl Serverの変更、AD連携除外設定をします。
配布管理
配布方法や条件を設定します。
リモート操作
エンドユーザー端末にリモート接続し操作します。
電源操作
エンドユーザー端末の電源をONにします。※1
メッセージ
エンドユーザー端末にメッセージを送信します。
取得情報の項目設定

端末情報・ユーザー情報の取得項目、取得タイミングを設定します。

追加取得項目
端末情報・・・プリンタ情報、OU情報、オリジナルの情報など取得する項目を設定します。
ユーザー情報・・・アンケート情報で取得する項目を設定します。
取得タイミング
毎回 NEW! ・毎日・毎週(曜日指定)・毎月(日にち指定)
時間・ログオン時などの取得タイミングを設定します。
データ反映タイミング
取得情報の台帳反映処理を開始するタイミング(即時・時間)を設定します。
ファイル共有サーバー連携
ファイル共有サーバー経由で資産情報の収集をすることができます。
台帳メンテナンス 既存台帳の編集・削除、新規台帳(オリジナル台帳)の作成を行います。
編集は、管理する項目の追加や、表示順序を変更することができます。
また、独自の管理項目を追加することもできます。
オフライン端末管理 ネットワークに接続されていないオフライン端末の資産情報ファイルを取り込むことができます。
マスターデータ設定 取得している現在の資産情報をマスターデータとして3つまで保存することができます。
保存したマスターデータは、端末個別情報で比較対象として使用することができます。
管理グループ設定 既存のActive Directoryと連携し、「組織単位(OU)」と「コンテナー」を管理グループとして使用することができます。
ソフトウェア辞書設定 ソフトウェア辞書の新規登録・更新を行うことができます。
未登録機器管理 端末情報管理で管理されていないネットワーク機器を検出し、一覧で表示します。
検出時に特定の管理者やメールアドレスに通知をすることができます。
Active Directory連携 既存のActive Directoryと連携し、「組織単位(OU)」と「コンテナー」を管理グループとして使用することができます。

ページの先頭に戻る

■配布管理

配布設定

エンドユーザー端末へ配布するソフトウェアや、配布用スクリプト、バージョンアップを設定します。
設定では、配布方法、配布対象端末、配布期間、その他オプションとして以下を指定することができます。

【配布方法の指定】

スケジュール指定配布
配布対象の端末指定、配布する期間、実行回数、実行タイミングを指定することで、自動で配布が行われます。
インストールリスト配布
配布対象の端末指定、リストに公開する期間を指定することで、インストールリストから配布できるようにします。
インストールメディア配布
配布対象の端末を指定し、メディアからインストールリスト配布できるようにするためのファイル一式を生成します。

【配布サーバーの指定】

Webサーバー配布
Webサーバーからソフトウェアなどの配布を行います。
ファイル共有サーバー配布
ァイル共有サーバーからソフトウェアなどの配布を行います。

【配布対象端末の指定】

端末指定
台帳が表示されて直接端末を指定することができます。
条件指定
台帳に含まれる資産情報の値やキーワードで絞り込んで指定することができます。
全端末指定
全ての端末を指定することができます。

【配布期間の設定】

公開期間
配布の開始および終了年月日を指定することができます。
実行回数
1回だけ・繰り返し(毎回 ・毎日・毎週・毎月)を指定することができます。
実行タイミング
ログオン時・PC起動時・シャットダウン時、または、時間、時間帯を指定することができます。

【その他設定】

権限代行
配布する際の権限代行アカウントの有効・無効および代行アカウントの指定ができます。
前後処理(電源設定)
配布する前後の電源操作として、自動起動※1、シャットダウン、再起動を設定することができます。
負荷軽減
配布するファイルのBITS(バックグラウンド インテリジェント転送サービス)の有効・無効を設定することができます。
転送のタイミングとして、配布実行時に合わせるか、事前に転送するかを選択することができます。
通知設定
エンドユーザー端末への配布予告メッセージの表示有無および何日前に表示するかを設定することができます。
配布実行時の開始、ステータス、完了メッセージの表示有無を設定することができます。
MSセキュリティパッチ配布 WSUSと連携しMSセキュリティパッチを配布することができます。
WSUSと連携するためMSセキュリティパッチごとの詳細な設定は不要です。
複数項目配布 複数のソフトウェアを一個の配布設定で配布することができます。
配布用テンプレート 条件設定時に、設定内容をテンプレートとして登録することができます。
再度、同じ条件で配布を行いたい場合にテンプレートから選択することで簡単に設定できます。
配布状況確認 配布設定と配布の成功、エラーの状況を一覧で表示し、設定内容の確認と削除を行うことができます。
配布進捗状況確認 全体の配布状況の棒グラフ(パーセンテージ)と配布対象の一覧を表示します。
配布状況は、成功・エラー・対象外・実施中・未実施などのステータスで確認することができます。
配布対象の一覧からは、ステータス別での絞り込み、端末個別情報の表示、エラー内容の確認、エラー時の再配布ができます。
エラーメッセージ表示 配布進捗状況の確認画面で、発生したエラー内容を管理画面上からエンドユーザー端末ごとに表示します。
再配布 配布進捗状況を確認し、再配布の設定を行います。ステータスがエラーの端末を絞り込んで、再配布することができます。
配布結果エクスポート 配布結果をExcel形式のファイル(拡張子.xlsx)にエクスポートします。
ライセンス違反警告 配布設定時に登録されたライセンス情報からライセンス数が不足していたり、ライセンス期間外であった場合、警告メッセージを表示します。
インストールリスト 実行可能な配布設定を一覧で表示します。(エンドユーザー端末で表示)
端末の環境管理

PC環境設定

PC 環境を変更するための設定を行い、配布することができます。
システム設定・・・コンピューター名、ドメイン/ワークグループ
ネットワーク設定・・・IPアドレス(固定IP/DHCP)、DNS、WINS、LMHOSTSの参照、NetBIOS

プリンター設定

プリンターの設定を行い、配布することができます。
プリンターの追加/削除
プリンタードライバーのインストール/削除
プリンターポートの登録/削除

ページの先頭に戻る

■リモート操作

リモート接続 管理者端末からエンドユーザー端末へIPアドレス、または、コンピューター名を指定して接続します。
10台まで同時に接続することができます。
リモート接続設定

リモート接続する際の接続・転送オプションを設定します。

【接続設定】

ウィンドウサイズ
フルスクリーン・100%・50%・25%
リトライ情報
回数・間隔
操作モード
操作する・操作しない
エンドユーザーによる接続許可
許可を必要とする・許可を必要としない

【転送設定】

表示イメージ
表示色・壁紙表示設定
転送方式
低速回線接続
「Ctrl」+「Alt」+「Del」の送信 ログオン操作が必要な場合、「Ctrl」+「Alt」+「Del」の送信を行うことができます。※2
接続認証 リモート接続時に、エンドユーザーが接続の可否を選択することができます。

※1 自動起動機能には、Wake On LAN 機能が有効である必要があります。
※2 グループポリシーの設定によって、正しく動作しないことがあります。

各機能の詳細を見る

常に正確な情報をもとに「資産管理」

常に正確な情報をもとに「資産管理」

離れている端末に「リモート操作」

ページの先頭に戻る


ページの先頭に戻る


株式会社JALインフォテック
  • サイトポリシー
  • 個人情報保護方針
  • リンク
  • お問い合わせ
このサイトに記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
copyright © 2018 JAL Information Technology Co.,Ltd. All rights reserved.