【もうサポート終了!?】
Windows 10 大型アップデートのお悩みはPalletControl でスッキリ解決!

Windows 10 の大型アップデートの適用をコントロール

Windows 10 の更新が大変

Windows 10 の大型アップデート(機能更新プログラム)は年に2回リリースされますが、このアップデートの展開に悩んでいるというお話を
よくいただきます。

Windows 10 ライフサイクル

バージョン サービス終了日(※1)
1709 2019年4月9日
1703 2018年10月9日
1607 2018年4月10日
 
  • ※1.
    Windows 10 各バージョンのサポート終了日は2018年2月28日現在のものです。また、Enterprise および Education エディションでは、サービス提供終了日の後も6か月間サービスが提供されます。

Windows 10は各バージョンごとにサポート期間が設けられていて、各バージョンのサポート期間は約1年半と企業のシステム部門泣かせの
短さです。
(Long Term Servicing Channelを除く)

サポート期間の観点からバージョンアップのための大型アップデート適用は避けられませんが、準備も実行も手間がかかるのが課題です。

アップデート展開の悩み

  • アップデートの適用には1時間以上かかるので業務時間中に実行するのが厳しい
  • 社内システムなどの確認が必要なのでアップデートの時期はコントロールしたい
  • WSUS(Windows Server Update Services)サーバーから配布するので日時の詳細なコントロールがしにくい
  • WSUS(Windows Server Update Services)サーバーがない環境でも 大型アップデートを効率的に適用したい

そこで今回は、
 を活用した
Windows 10 アップデートを
ご紹介します

おすすめな適用方法

P2Pで配布

アップデートのモジュールは細分化して、
PC間で配布

事前に、P2PでモジュールをPCへ配布して
適用する

POINT

P2P配信でISOファイルを事前に配信。

PC間で小さいピースを配信しあって、
効率的に配布!

WSUSサーバーから配布

アップデートのモジュールは既存WSUSサーバーから配布

退社時にPC利用者が適用を実行する

POINT

定時後など無人の時間帯にアップデートの適用が可能!

適用後はPC の自動シャットダウンができるので安心です。

ファイルサーバーから配布

アップデートのモジュールはファイルサーバーから配布

ファイルサーバー上のISOファイルで適用する

POINT

既存のファイルサーバーを経由した適用が可能!

ダウンロード時は転送速度や制限時間帯の指定ができます。

  • ※2.
    最新の大型アップデート「Windows10 Fall Creators Update(バージョン1809) 」に対応済み

さらに詳しく知りたい

お問い合わせ